未病と予防医学の視点からセルフケアの可能性

身体の不調で病院に行ったら

検査結果を見てもとくに異常ありません

と言われたことはありませんか?

その時、あなたはどのように感じたでしょうか?

「異常がなくてよかった」

ひとまずほっとする気持ちもありますが、

「じゃあこの不調はなぜだろう?」

と、なんだか割り切れない気持ちにもなりませんか?

異常は見つからなくても、不調はなんとかしたい。

こんなとき、どうしたらよいでしょう?

病院は、急性期の症状を抑えるのが得意です

でも、検査しても異常が見つからないような不調への対処は得意ではないことが多いでしょう。

こんなときに大事なことは、自分で対処する方法を模索することです。

emotionは、このようなあなたの模索に寄り添うことができます。

丁寧なカウンセリングで、あなたらしいセルフケアの方法を見つける手助けをさせてください。

emotionが大切にしているセルフケアの3つの柱があります。それは、

です。

次回から、3つの柱をひとつずつ説明していきます。

あなた自身のセルフケアを見つけていきましょう。

emotionは

セルフケアを通じてアンチエイジングと心が喜ぶ毎日を送るためのカウンセリングを提供しています。

ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ

未病と予防医学の視点からセルフケアの可能性” に対して3件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です